So-net無料ブログ作成

ろくちゃんって!? [X68000]

 このサイトのタイトルにある”ろくちゃん”。いったいなんのことかと思われると思います。
 実はこれ、X68000 という SHARP が昔発売したパソコンの(ボクが勝手に名付けた)愛称なんです(^^;;

 思い起こせば、1986年。大阪のエレクトロニクスショーで発表された夢のパソコン。MPU68000 を搭載した純国産パーソナルワークステーションとうたわれて、1987年、SHARP よりX68000 が発売されたのです。

 純国産OS、65536色同時発色可能な高水準グラフィック、YAMAHAのYM2151という当時のシンセサイザーにも搭載されていたFM音源8重和音、生音のサンプリングが可能なAD-PCM、当時のアーケードゲームにも匹敵するゲームを実現したスプライト機能…。数々の予期せぬ仕様を引っさげて、40万円を切る価格で(今にしてみればものすごく高いんですが…/苦笑)登場しました。
 後のページでも語りますが、その前身にあたるX1。このSHARP のXシリーズはテレビ事業部によって生まれました。

 おそらくですね、パーソナルコンピュータの本当の意味での”パーソナル”、「個人で使用する」ということであれば、このX68000が最後のパソコンだったって思うんですよね。

 このX68000を初めて手にしたのは、初代が発売されてから5年が過ぎた1992年。X68000 XVI-HD(型番:CZ-644C)というもので、今でも大切に使っています。10年以上経過した現在でもボクにとっては大事な相棒なんです(^^;;

 X68000 のことを人は略して”X68k(えっくすろくはちけー)”とか単に”68(ろくはち)”とか”ぺけろく”とか呼ばれています。でも、このボクにとって一番愛着のあるマシンを、他人が呼ぶ略称ではなく”ろくちゃん”と呼ぶようになりました(^^;;

 ”ろくちゃん”って、ボクが勝手に呼んでいる X68000 の愛称のこと。大好きなマシンだからこそ、一生使い続けたいという想いを込めて…。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。